還暦祝い プレゼント/還暦祝い については当店へ

お父さん・お母さんがもらって一番嬉しいプレゼントは『手紙』だそうです♪ 感謝の気持ちをカタチに。こころを込めてお作りします!

還暦っていつ祝うの?

還暦祝いは満60歳になった時に行う、初めての「長寿祝い」です。
還暦祝いは、誕生日や初節句、成人式と違って、いつお祝いするのか明確ではありません。
本来、日本ではお正月に一つ年をとるという「数え年」が一般的で、還暦のお祝いも数え年で61歳になるお正月から節分のころまでに行うのがしきたりでした。
しかし、現在では還暦祝いをいつ行うかに厳密な決まりごとはりません。
満60歳になる年の正月や、60歳の誕生日、敬老の日など、お祝いする側が集まりやすい時期に決めて良いでしょう。

還暦を迎える本人にとっても、一番実感できるのは誕生日ですし、誕生日と還暦祝いを一緒にできる誕生日はおすすめですが、本人の誕生日が必ずしも休日に当たるとは限らず、みんなが集まりにくい日である可能性もあります。
そんな時は誕生日前後の休日など、みんなが集まりやすい日に行うのがおすすめです。

特に還暦祝いで旅行や食事会などを計画している場合は、本人をはじめ、お祝いする側の兄弟などの都合も早めに確認し、交通機関や旅館、飲食店など、早めに手配することが大切です。
そして贈る物は何であれ、忘れてはならないのは、還暦を迎える本人への感謝の気持ちと、これからもずっと元気でいて欲しいという気持ちを伝えることです。
形式にとらわれず、心のこもったお祝いができると良いですね。

還暦は、なぜちゃんちゃんこ?

還暦祝いと言えば、クラス会の写真でも良く見られるように同級生が赤いちゃんちゃんこを着て勢ぞろいしていますが、なぜ、ちゃんちゃんこが選ばれるのかを疑問に思った方も少なくないでしょう。
これは、還暦祝いというのが生まれて来て、干支を巡って年を重ねて来たことで、ちょうど生まれ変わる年に当たることから、暦を還ると言われているからです。
生まれ変わるのですから、赤ちゃんと同じ状態で再スタートを切るので、赤いちゃんちゃんこを着用するようになったのです。
元々、赤ちゃんは赤い産着を来ていることが昔は多かったために、その色が好まれるようになったと言われています。
さらに、赤は魔除けの意味合いがあるために、これから先の人生も無事であるようにと赤いちゃんちゃんこを着用するのが慣わしとなりました。
現在では60歳と言ってもまだまだ元気で若々しい方が多くなっているので、ちゃんちゃんこを着用する年齢と言えばもう少し先のような印象を持つ方も少なくありません。
従って、なんとなく抵抗感を持ってしまうこともあるでしょう。
しかし、還暦になぜちゃんちゃんこを着用するようになったかの謂れを知ると、とても納得が行くようになるのではないでしょうか。

還暦はどうやって祝う?

還暦は人生の節目だからこそ特別なお祝いをしたいと感じるものです。どのように祝ったりいいのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。還暦祝いは家族で集まって食事をするなどして祝うと心に残るイベントにすることができます。だから何を贈ろうかと悩んでいるなら、食事をプレゼントするのがおすすめです。鍋を一緒に囲んで食べるのもいいでしょうか。家族の距離が近いものだと会話も弾んで楽しいひと時を過ごすことができます。普段あまり集まることができない方も、一緒に過ごす時間は特別なものになります。だから素敵なものをするためにもしっかりと準備をすることが大切です。食事だけだと何か物足りないと感じているなら、手作りのプレゼントを一緒に贈るなどもおすすめです。世界に一つしかない思いを込めたものを贈るととても喜んでもらえること間違いないでしょう。食事やプレゼントと一緒に写真を撮るとより一層いつまでも思い出を大切にすることができます。だから素敵な会の写真を撮って後日写真のプレゼントを行うのもいいでしょう。大切な家族の還暦だからこそしっかりとこだわりましょう。家族に祝ってもらえることが何よりも素敵だと思ってもらえます。

貰って嬉しいプレゼントは?

知り合いや知人に還暦を迎える人がいる場合、何かプレゼントを考えなくてはいけなくなりますが、還暦祝いに貰って嬉しいプレゼントは何か悩む人は沢山います。
男性の場合は日本酒や趣味のアイテムなどとプレゼントにも幅がありますが、女性の場合は趣味も少なく、普段から家でゆっくりしている人が多いため、何をあげればよいか難しいといわれています。
還暦祝いで貰って嬉しいプレゼントのランキングに必ず入っているアイテムといえば、プリザーブドフラワーになります。
プリザーブドフラワーは花好きの女性にぴったりのアイテムですし、飾っておいても生花と違い腐る心配もありませんので、いつまでも美しい状態を維持しておけます。
また、プリザーブドフラワーは手入れの面でも埃をはたく程度で終わりますので、足が不自由な方にもうってつけのプレゼントといえます。
料理が好きで自らも調理にこだわっているという人には調理器具をプレゼントするのも良いでしょう。
良い包丁は切れ味が違いますし、長い目で見るとずっと使っていく品物なので喜ばれること間違いありません。
また、ヘアドライヤーや小さなマッサージ器なども機械が苦手な女性にとっては喜ばれるアイテムのひとつと言えます。

↑ PAGE TOP